一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

C.ルメール騎手のトリセツ

calendar

reload

ルメール時代到来

今年はルメール騎手の年になる、昨年の有馬記念の涙の会見を見て確信しました。

昨年の成績振り返り

2016年リーディング争い

騎手リーディング争いこそ、1勝差で戸崎騎手に敗れてしまいましたが、3位の川田騎手とは50勝以上の差を付けてのものですし、騎乗機会969回の戸崎騎手に対して、騎乗機会786回での結果ですので、現役JRA騎手No.1が誰なのかは明白です。

驚異の複勝率!

勝鞍数だけでなく、他の数字についても詳しく見てみると、、、

・勝率:23.7%
・連対率:37.5%
・複勝率:50.3%

短期免許のモレイラ騎手とムーア騎手を除くと、どの数字も1位となります。

特に注目したいのが複勝率50%超えの事実です。回収率を度外視すれば、複勝を勝っておけば2回に1回は当たりますし、3連複の軸としても2回に1回は軸の役目を果たせることになります。よく比較されるM.デムーロ騎手との格付けが済んだ今年は、より馬の質が高くなるため複勝率50%以上は約束されたと言っていいでしょう。

今年のルメール騎手については、50%以上の確率で馬券対象になるということを強く頭に入れて勝負馬券の買い目を決めていこうと思います。
※馬券になるかどうかはルーレットのアウトサイドベットのレッド/ブラックの感覚

ルメールJの買い時

50%以上は馬券になることは分かりましたので、どういった条件だとより高確率となるかどうか、もう少し掘り下げていきたいと思います。

昨年の重賞の勝ちについて

まずは、昨年の重賞の勝ち鞍は、、、
【G1】4勝
・NHKマイルカップ:メジャーエンブレム
・菊花賞:サトノダイヤモンド
・阪神JF:ソウルスターリング
・有馬記念:サトノダイヤモンド
【G2】6勝
・弥生賞:マカヒキ
・フローラS:チェッキーノ
・札幌記念:ネオリアリズム
・神戸新聞杯:サトノダイヤモンド
・京王杯2歳S:モンドキャンノ
・ホープフルS:レイデオロ
【G3】2勝
・きさらぎ賞:サトノダイヤモンド
・クイーンC:メジャーエンブレム
【重賞】1勝
・ターコイズステークス:マジックタイム

まず、この結果をパッと見ただけでも分かるとおり、ダート重賞での勝ち鞍がありません。
※一昨年もノンコノユメでユニコーンSと武蔵野Sを勝ったのみ

ダート重賞成績について

これは乗鞍が少ないことが1つの要因ですが、複勝率50%はキープしているものの、馬券にならなかったレースの惨敗と通算成績を見る限り、ダートはあまり得意としていないようです。
※それでも優秀な成績ではあります

昨年のダート重賞成績

・根岸S:タールタン(6番人気 2着)
・フェブラリーS:ノンコノユメ(1番人気 2着)
・アンタレスS:センチュリオン(6番人気 16着)
・ユニコーンS:ストロングバローズ(1番人気 2着)
・プロキオンS:クラリティスカイ(4番人気 13着)
・チャンピオンC:コパノリッキー(3番人気 13着)
※地方交流重賞は3勝、2着3回、3着0回、4着以下8回

通算成績

■芝(325-249-197-1094)
・勝率:17.4%
・連対率:30.7%
・複勝率:41.3%
■ダート(218-181-169-890)
・勝率:14.9%
・連対率:27.3%
・複勝率:38.9%

各条件別の成績

続いて、各条件別の成績をまとめてみます

競馬場別の成績

・東京(勝率:24.7%/連対率:39.8%/複勝率:53.8%)
・中山(勝率:19.3%/連対率:33.2%/複勝率:45.5%)
・京都(勝率:17.9%/連対率:31.2%/複勝率:43.4%)
・阪神(勝率:22.1%/連対率:35.1%/複勝率:46.3%)

脚質別成績

■芝
・逃げ(勝率:40.0%/連対率:54.0%/複勝率:64.0%)
・先行(勝率:28.8%/連対率:46.6%/複勝率:58.9%)
・差し(勝率:18.4%/連対率:32.7%/複勝率:44.7%)
・追込(勝率:12.9%/連対率:23.4%/複勝率:34.5%)
■ダート
・逃げ(勝率:38.7%/連対率:58.1%/複勝率:62.9%)
・先行(勝率:29.9%/連対率:48.2%/複勝率:61.5%)
・差し(勝率:10.4%/連対率:21.2%/複勝率:36.1%)
・追込(勝率:6.0%/連対率:12.0%/複勝率:20.0%)

距離別成績

・1200m(勝率:18.9%/連対率:30.0%/複勝率:40.0%)
・1600m(勝率:17.4%/連対率:33.0%/複勝率:42.6%)
・2000m(勝率:24.9%/連対率:44.4%/複勝率:56.0%)
・2400m(勝率:27.6%/連対率:39.7%/複勝率:55.2%)

好相性厩舎

・藤沢和雄(勝率:33.8%/連対率:44.6%/複勝率:59.5%)
・角居勝彦(勝率:33.3%/連対率:50.0%/複勝率:56.7%)
・友道康夫(勝率:31.9%/連対率:46.8%/複勝率:55.3%)

まとめ

【買い材料】
・芝
・東京競馬場
・中長距離
・逃げ/先行脚質
・藤沢厩舎/角居厩舎/友道厩舎所属

【マイナス材料】
・ダート
・京都競馬場
・短距離
・差し/追込馬

今年はルメール騎手の年になりますが、当然人気にもなりますので全てのレースで信用するのはなく、マイナス材料の多い条件では勇気をもって消すことも重要と考えています。ルメール騎手とうまく付き合って勝ち組を目指しましょう!

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...