一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

京都金杯_勝負馬券

calendar

reload

京都金杯2017最終結論

さあ、このブログで初めての馬券検討となります。
対象レースは京都金杯です。

枠順見解

前回の記事にも書きましたが、何といっても枠順の傾向が顕著なレースで、内枠馬(特に先行馬)を買うことで的中率がかなり高まります。そんな訳で、まずは枠順に注目をしてみます。

京都金杯2017 枠順

 1⃣ ① ブラックスピネル(福永)
 1⃣ ② ケントオー(和田)
 2⃣ ③ アルマディヴァン(池添)
 2⃣ ④ ブラックムーン(浜中)
 3⃣ ⑤ フィエロ(フォーリー)
 3⃣ ⑥ エアスピネル(武豊)
 4⃣ ⑦ テイエムタイホー(幸)
 4⃣ ⑧ ペイシャフェリス(秋山)
 5⃣ ⑨ ダイシンサンダー(岩田)
 5⃣ ⑩ テイエムイナズマ(古川)
 6⃣ ⑪ ダンツプリウス(丸山)
 6⃣ ⑫ ミッキージョイ(横山)
 7⃣ ⑬ ピークトラム(シュミノー)
 7⃣ ⑭ アストラエンブレム(デムーロ)
 7⃣ ⑮ マイネルハニー(柴田大)
 8⃣ ⑯ サクラアドニス(高倉)
 8⃣ ⑰ ムーンクレスト(藤岡)
 8⃣ ⑱ ガリバルディ(ルメール)

有力馬の枠順について

エアスピネルが3枠6番の好枠をゲットしたのに対して、アストラエンブレムは7枠14番、ガリバルディが8枠16番と人気が予想される馬でも明暗が分かれましたね。

馬券対象馬絞り込み作業

本命馬について

早速、買い目についてですが、大外でなければ中心と考えていたエアスピネルがこの絶好枠ですから逆らえません。この枠順で人気に拍車がかかりそうですが、エアスピネルからの馬連、3連複で勝負しようと思います。

ルメールJの取捨

後は相手探しとなりますが、まず、ルメールJ騎乗のガリバルディについてジャッジします。昨年連対率50%超えで今年リーディング必至と考えているために、基本的には買いなのですが、、、
過去の傾向から大苦戦の大外枠、差し脚質。ルメールJも得意とはしていない舞台設定ということから、今回は無印で問題ないと判断します。

デムーロJの取捨

続いて、デムーロJ騎乗のアストラエンブレムですが、こちらも軽視の方向でいきます。枠順が外目の7枠14番になってしまったことが大きいのですが、以下の2点が引っ掛かり評価を落とします。
・右回りコース適正への疑問 
⇒複勝を外した2レースが右回りでそれ以外は全て左回り ※右回りも重賞で4着なので大幅割引という訳ではありません
・関西輸送のトラブル 
⇒京都競馬場入厩予定が鳥インフルエンザの影響で栗東入厩の当日輸送に変更になったとのこと

内枠馬の取捨

上記2頭が馬券に絡まないようだと高配当の期待も膨らみますが、好走の可能性が高いのはやはり内枠の馬たち。先行することで好枠のアドバンテージを最大限に活かせるため、先行脚質もしくは思いっきりのいい鞍上であることを条件とし、さらにプラスして前回記事の各騎手の数値を考慮すると、、、

①ブラックスピネル(福永)【京都連対率:39.5%/マイル連対率:41.0%】
②ケントオー(和田)【騎乗時連対率:60.0%/3-1-2-4】
④ブラックムーン(浜中)【京都連対率:33.5%/マイル連対率:36.1%】
⑤フィエロ(フォーリー)【初の叩き4戦目に重賞初制覇の意欲を感じ】

さらに、内枠にはどうしても逃げなければという馬が不在のため、少し外枠でも逃げる馬には有利な展開が予想されます。そこで、芝での4勝中3勝を今回の鞍上で逃げ切っている⑫ミッキージョイ(横山典)をチョイスします。

最終結論

 ◎ ⑥エアスピネル
 ○ ①ブラックスピネル
 ▲ ⑤フィエロ
 △ ②ケントオー
 ★ ④ブラックムーン
 ☆ ⑫ミッキージョイ

買い目

 3連複1頭軸 ◎ー○▲△★☆ 各100円
 馬連流し ◎ー○▲△★☆ 各200円
 合計 2,000円

今回は、いつもの予想スタイルに騎手の要素をプラスし、シンプルな馬券で勝負としました。今後は、騎手以外の要素も取り入れていきつつ、馬券の買い方についても検討をしていこうと思っています。

では、次回『シンザン記念』でお会いしましょう。

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...