一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

シンザン記念_勝負馬券

calendar

reload

シンザン記念2017最終結論

さあ、連勝を賭けた1戦であるシンザン記念の予想の時間です。

枠順見解

まずは、今回のレースで最重要ファクターである、枠順についてみていきます。

シンザン記念2017枠順

 1⃣ ① ミルトプリンス(古川)
 2⃣ ② ブレイヴバローズ(和田)
 2⃣ ③ メイショウソウビ(武幸)
 3⃣ ④ テイエムアニマンテ(松若)
 3⃣ ⑤ ペルシアンナイト(デムーロ)
 4⃣ ⑥ ブラックランナー(幸)
 4⃣ ⑦ アルアイン(シュミノー)
 5⃣ ⑧ トラスト(柴田大)
 5⃣ ⑨ キョウヘイ(高倉)
 6⃣ ⑩ マイスタイル(福永)
 6⃣ ⑪ エテレインミノル(藤岡康)
 7⃣ ⑫ ケンシン(フォーリー)
 7⃣ ⑬ イエローマジック(浜中)
 8⃣ ⑭ タイセイスターリー(川田)
 8⃣ ⑮ コウソクストレート(ルメール)

有力馬の枠順について

京都金杯に続いて大外枠を引かされたルメールJ。。。8枠2頭は鞍上は強力なので、枠順の不利を跳ね返すだけの能力が備わっているかですね。個人的にはタイセイスターリーには大物臭がしているので期待はしていますが、まだまだ完成度は低いので、人気を考慮すれば印は回せません。

逆にペルシアンナイトは3枠5番の好枠を引きましたね。気性が少し荒い分、先入れの奇数枠は少しマイナスですが、ライバル馬が厳しい枠を引いていることも考えると、好走確率が非常に高まりました。

池江厩舎の2頭について

同じく池江厩舎のアルアインも4枠7番とまずます。ですが、気になるのはローテーション。前走は12月23日の千両賞なので中1週で、同厩舎の人気必須のペルシアンナイトも出走します。クラシックに向けて両馬が賞金を上積みするためには、ワンツーフィニッシュしかありません。考えられるのは、次の2つくらいではないでしょうか。

1. 他厩舎の有力馬の動向を考えたときに、シンザン記念でワンツーフィニッシュが一番可能性が高いと考えた
2. アルアインが重賞で好勝負できるか半信半疑である

個人的な見解でしかないのですが、これって2番の可能性が結構あるのかと思ってます。2戦2勝という戦績ではありますがレースレベルは高くはなさそうで、重賞挑戦でいきなり勝ち負けできるかどうかは走ってみなければなのでは。2番が正解であるとしたら少し評価を落としてよさそうです。
※ペルシアンナイトに最大級の期待をしている前提での見解です

馬券対象馬絞り込み作業

買い目についてですが、大外でなければ中心と考えていたペルシアンナイトがこの好枠ですから逆らえません。ただ、相手については注目をしていたタイセイスターリー(川田)、コウソクストレート(ルメール)が揃って大外枠へ行ってしまい、トラストも前回記事で書いたように斤量57キロの壁を越えられるとは思えず、アルアインは上記理由で少し評価を下げたい状況。

人気どころがことごとく評価できない状況なため、通常であれば穴馬に流す馬券を選択するところですが、気になる穴馬がブレイヴバローズ(和田)1頭しかいません。。。

そのブレイヴバローズですが、新馬戦は個人的に能力を高く評価しているタイセイスターリーの2着(0.2秒差)、続く、未勝利戦を勝ってのシンザン記念参戦となります。絶好枠の2枠2番をゲットし、有利な先行脚質ですので、タイセイスターリーを高確率で逆転できる見立てです。

他にも、あまり騒がれていませんが、ダッシャーゴーゴーの半弟という良血馬です。さらに、父がサクラバクシンオーからマンハッタンカフェへ代わったため、過去2戦で走った1400mよりもマイル戦の方が合う可能性もあるかと。もちろん応援している角田厩舎所属馬ということも大きな要因ですが。。。

最終結論

 ◎ ⑤ペルシアンナイト
 △ ②ブレイヴバローズ

買い目

 単勝 ◎ 1,500円
 馬連 ◎ー△ 100円
 ワイド ◎ー△ 400円
 合計 2,000円

根拠はあるのですが、応援馬券の域を脱しないので、馬連、ワイドは控えめに、抜けた存在となった◎の単勝で勝負とします。京都金杯に続きの手堅い買い目ですが、枠順のめぐり合わせの結果ですのでお許しください。

では、次回『日経新春杯』でお会いしましょう。

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...