一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

アメリカジョッキークラブカップ2017_血が騒ぐ

calendar

reload

AJCC予想第1弾

日経新春杯は完敗でしたが、めげずに今週の競馬の予想を進めていきます。

今週の勝負レースはAJCCです。
フェブラリーSに向けての重要な1戦である東海Sも候補ではありますが、先週の中山参戦で今の中山競馬場の状態を把握しましたので、予定通りAJCCを勝負レースとして選択しました。

現在の中山芝のブラッドバイアス

検討第1弾の今回は、血統面で検討を進めていきます。

普段は血統には疎い方で、あまり予想に血統を取り入れないのですが、先日の競馬場参戦で嫌というほど現在のブラッドバイアスを感じさせられたので、今週はその経験を活かします。

先週の中山開催傾向

何を感じたかというと、現在の中山馬場とステーゴールド産駒との相性についてです。日曜日の後半3Rはステイゴールド産駒フィーバー!これを見たら、AJCCでもステイゴールド産駒には要注意となりますよ。

■10R ニューイヤーS(1600m)
1着 マイネルアウラート(7番人気)
2着 グランシルク(1番人気)
3着 ウインファビラス(5番人気)
10着 アングライフェン(10番人気)

■11R 京成杯(2000m)
3着 マイネルスフェーン(2番人気)

■12R 4歳上1000万下(2200m)
3着 コウキチョウサン(10番人気)
6着 グリントオブライト(2番人気)※休み明け+20キロ
8着 ウインヴォラーレ(4番人気)

ステイゴールド産駒の第1回中山開催成績

1月15日(日)がたまたま好成績が偏っていただけの可能性もありますので、今回開催での中山芝コースでのステイゴールド産駒の成績を確認してみると、、、

1月開催

・マイネルパンドーロ 1着(8番人気)【3歳未勝利/芝2000m】
・マイネルヴンシュ 4着(11番人気)【3歳未勝利/芝2000m】
・マイネルフレスコ 1着(4番人気)【4歳上500万下/芝2200m】
・レジェ 4着(1番人気)【4歳上500万下/芝2200m】
・メルドオール 8着(12番人気)【4歳上500万下/芝2200m】
・アクート 11着(3番人気)【4歳上500万下/芝2200m】
・クラウンジーニアス 16着(14番人気)【4歳上500万下/芝2200m】
・ツクバアズマオー 1着(1番人気)【中山金杯/芝2000m】
・マイネツプラヌール 14着(10番人気)【3歳未勝利/芝1600m】
・ウインガナドル 3着(3番人気)【寒竹賞/芝2000m】
・ゴールドスミス 6着(4番人気)【寒竹賞/芝2000m】
・ディスキーダンス 6着(3番人気)【迎春S/芝2200m】
・ウインオリアート 8着(8番人気)【迎春S/芝2200m】
・スクエアゴールド 7着(8番人気)【迎春S/芝1600m】
・シェリトリンド 9着(8番人気)【3歳新馬/芝2000m】
・クリノハッチャン 8着(12番人気)【サンライズS/芝1200m】
・ヴァッラータ 6着(15番人気)【3歳未勝利/芝2000m】
・カリビアンゴールド 9着(8番人気)【菜の花賞/芝1600m】
・ウインシトリン 10着(11番人気)【菜の花賞/芝1600m】
・マイネオーラム 2着(6番人気)【初富士S/芝1800m】
・スマートリバティー 11着(10番人気)【初富士S/芝1800m】
・トーホウハニー 2着(9番人気)【4歳上1000万下/芝1200m】
・マイネルアウラート 1着(7番人気)【ニューイヤーS/1600m】
・グランシルク 2着(1番人気)【ニューイヤーS/1600m】
・ウインファビラス 3着(5番人気)【ニューイヤーS/1600m】
・アングライフェン 10着(10番人気)【ニューイヤーS/1600m】
・マイネルスフェーン 3着(2番人気)【京成杯/2000m】
・コウキチョウサン 3着(10番人気)【4歳上1000万下/芝2200m】
・グリントオブライト 6着(2番人気)【4歳上1000万下/芝2200m】
・ウインヴォラーレ 8着(4番人気)【4歳上1000万下/芝2200m】

4勝、2着3回、3着4回、4着以下19回という成績で、勝率:13.3%/連対率:23.3%/複勝率:36.7% となっています。人気が高い馬が多くはない中(平均人気:7.0)での成績なので、今開催については好走しやすい馬場状態である言えるでしょう。

ステイゴールド産駒の中山成績

さらに、距離について見ていきますと、AJCCの舞台である中山芝2200mという距離は、同じくスタミナが問われる中山芝2500mと並んで、ステイゴールド産駒にとっては庭とも言える距離で、どちらも過去5年で勝利数1位の成績を収めています。
中山芝2200m:勝率:11.5%/連対率:18.0%/複勝率:27.1%
中山芝2500m:勝率:13.3%/連対率:23.3%/複勝率:36.7%
※出走頭数が多いため、それぞれの確率が抜けて高いわけではありません

馬場状態がいつも以上にマッチしている状況での、一番得意な距離でのレース。これは狙わない訳にはいかないでしょう!

特別登録しているステイゴールド産駒

 ・ショウナンバッハ
 ・マイネルメダリスト
⇒マイネルメダリストはさすがに厳しそうですが、ショウナンバッハは昨年の3着馬ですし穴馬としては狙えそうです

ステイゴールド系統について

なんとか軸馬候補を探したいところですので、もう少し深掘りしてみます。

ステイゴールドも種牡馬として長い期間活躍していますので、当然、産駒の中から種牡馬になった馬も存在します。そこで、その中に高い中山適正が受け継がれた種牡馬がいないかチェックします。

ステイゴールド産駒の種牡馬

 ・ゴールドシップ(2016年から種牡馬)
 ・オルフェーブル(2014年から種牡馬)
 ・ドリームジャーニー(2012年から種牡馬)
 ・フェノーメノ(2016年から種牡馬)
 ・ナカヤマフェスタ(2012年から種牡馬)
 ・リヤンドファミユ(2017年から種牡馬)

まだデビューを迎えていない種牡馬が大半となっています。(オルフェーブル産駒が今年いよいよデビューです!)そのため、何世代か走っているのは、ドリームジャーニーとナカヤマフェスタくらいですが、、、

ドリームジャーニー産駒について

調べてみて驚きましたが、ドリームジャーニー産駒の中山成績半端ないです!特に顕著なのが今回の舞台の中山2200mで、過去5回の出走のみですが、4勝2着1回の完璧な成績です。
※2着も2頭出しのワンツーフィニッシュ

ドリームジャーニー産駒の中山2200m成績

 ・アルカサル:水仙賞 1着(2番人気)
 ・ミライヘノツバサ:未勝利 1着(4番人気)
 ・ユニゾンデライト:未勝利 2着(1番人気)
  ※1着はミライヘノツバサ
 ・ミライヘノツバサ:山吹賞 1着(5番人気)
 ・ミライヘノツバサ:迎春S 1着(2番人気)

で、今回の特別登録を改めて見てみますと、ミライヘノツバサが登録されています!念のため、ミライヘノツバサの中山芝実績を確認してみます。

中山芝実績

 ・未勝利:2着(芝2000/5番人気)
 ・未勝利:3着(芝2000/5番人気)
 ・未勝利:1着(芝2200/4番人気)
 ・山吹賞【500万下】:1着(芝2200/5番人気)
 ・皐月賞【G1】:12着(芝2000/11番人気)
 ・習志野特別【1000万下】:1着(芝2000/2番人気)
 ・迎春S【準OP】:1着(芝2200/2番人気)
⇒皐月賞で唯一の出遅れで大敗した以外は全て3着以内、特に2200mは3戦3勝とパーフェクト!

あとは、G2クラスで勝負になるかどうかだけですが、前走の迎春Sを振り返ってみます。

迎春S(準OP/芝2200m)
1着 ③ミライヘノツバサ ②②②②
2着 ⑤ペンタトニック ⑧⑧⑥⑤
3着 ⑦サラトガスピリット ⑤⑤④④
12.6 – 11.3 – 12.3 – 11.7 – 11.8 – 12.1 – 12.3 – 12.4 – 12.1 – 11.7 – 12.3

大逃げの馬に対しても慌てることなく、2番手追走から1頭だけ早めに逃げる馬を捉えにいって2着以下に2馬身差をつけての快勝。菊花賞からの休み明けでプラス16キロでこれだけのパフォーマンスを発揮できるのであればG2挑戦と言えども勝負にはなるのではないでしょうか。

なお、過去にも同じ舞台の準OPで快勝経験がある馬がその後にAJCCもしくはオールカマーで好走しているケースは存在するため、舞台適正の強みが活きれば同様以上の結果も期待できると思います。

過去の好走例

・ツクバアズマオー 湾岸S2016:快勝
→オールカマー2016:3着/中山金杯2017:1着
・クリールカイザー 湾岸S2015:快勝
→オールカマー2015:3着/AJCC2016:1着
・ネヴァブション 迎春S2007:快勝
→日経賞2007:1着/AJCC連覇(2009年、2010年)

なかなか面白そうな馬が見つかりましたので、今回はここまでとします。

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...