一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

シルクロードS2017_勝負馬券

calendar

reload

シルクロードS2017最終結論

さあ、いよいよ予想の時間です!

これまでの予想

今回も週中に3回の検討を行いました。予想スタイルについて試行錯誤中なので結果がでないのは仕方がないですが、そろそろ連敗脱出をしたいところ。(精神的にというよりお小遣い的に。。。)
予想第1弾:逃げ馬の取り扱いについて
予想第2弾:高配当の使者
予想第3弾:騎手、調教師、馬主について

枠順見解

まずは、発表された枠順を見てみます。
ちなみに、過去5年の京都芝1200mの枠順別成績はこんな感じになっています。

京都芝1200mの枠順別成績

 1⃣ 勝率:10.0%、複勝率:27.6%
 2⃣ 勝率:9.4%、複勝率:26.2%
 3⃣ 勝率:7.9%、複勝率:23.7%
 4⃣ 勝率:7.6%、複勝率:21.2%
 5⃣ 勝率:4.3%、複勝率:19.4%
 6⃣ 勝率:5.9%、複勝率:18.5%
 7⃣ 勝率:6.7%、複勝率:16.6%
 8⃣ 勝率:3.7%、複勝率:13.4%

⇒1枠、2枠が好成績で外枠にいくほど成績が悪くなり、8枠はかなり苦戦傾向です。ただ、前開催は天候も悪く馬場も通常よりも荒れましたので、Bコース替わり1週目ですが内目だけ馬場が悪い可能性があり、少し内枠過ぎると馬場の悪いところを通されることになるかもしれません。

で、今回の枠順を見ていくと、、、

シルクロードS2017 枠順

 1⃣ ① ラインスピリット(森一)
 2⃣ ② テイエムタイホー(池添)
 3⃣ ③ アースソニック(古川)
 4⃣ ④ ヒルノデイバロー(四位)
 4⃣ ⑤ ソルヴェイグ(デムーロ)
 5⃣ ⑥ ブラヴィッシモ(フォーリー)
 5⃣ ⑦ ダンスディレクター(武豊)
 6⃣ ⑧ ダイシンサンダー(幸)
 6⃣ ⑨ セカンドテーブル(水口)
 7⃣ ⑩ ネロ(浜中)
 7⃣ ⑪ セイウンコウセイ(松田)
 8⃣ ⑫ ブランボヌール(和田)
 8⃣ ⑬ カオスモス(武幸)

⇒ネロ、セイウンコウセイの西山茂行さんの馬2頭は希望に反して外枠に入ってしまいましたね。特にネロはローレルベローチェ回避で逃げる意識が強いでしょうから枠的にはマイナスです。13頭立てと頭数が落ち着きましたので枠の影響がどこまで出るかはわかりませんが、外枠に人気の馬が集まりましたので、少し波乱度が増したと考えています。

週中検討振り返り

続いて、週中に検討していた内容を振り返ります。

逃げ馬の取り扱いについて

基本的には逃げ馬ベタ買い推奨の舞台設定なのですが、シルクロードSが開催される時期に関しては逃げ馬が少し不振の傾向があります。それでも、アンバルブライベンのように楽に逃げさせてもらえれば勝てない訳ではないので、無条件で無印とはなりませんが、評価は下げる方針です。

展開予想

  ネロ
  ラインスピリット
  ソルヴェイグ
  セカンドテーブル
  セイウンコウセイ
  ブランボヌール
  アースソニック
  ブラヴィッシモ
  ダンスディレクター
  カオスモス
  テイエムタイホー
  ヒルノデイバロー
  ダイシンサンダー

⇒逃げるのは鞍上の性格も込みでネロとなるでしょう。京阪杯で競りかけて酷い目にあったセカンドテーブル、同馬主のセイウンコウセイは競りかけることがないので、出遅れ癖のあるデムーロJが出遅れたら楽逃げの展開の可能性もあります。とはいえ、外からの強引な逃げ先方に加えて色気を持った馬(騎手含め)が早めに進出する絵が見えますので、差しが決まる展開を予想します。

高配当の使者

次に、波乱を演出する可能性のある馬についてですが、週中の予想では以下の3頭に注目をしました。

穴馬候補

ラインスピリット
 【条件】良馬場、内枠

ヒルノデイバロー
 【条件】展開の助け、稍重馬場

アースソニック
 【条件】重馬場、鞍上強化

ラインスピリットは希望の内枠を引けたので、あとは鞍上が重賞初制覇を目指して愛馬の能力を引き出してあげるだけ。ヒルノデイバローも良い枠ですので、展開が予想通りになる嵌れば。一方でアースソニックは条件を満たしませんでしたので厳しいでしょう。

騎手について

競馬に関わる人をテーマに検討してみましたが、調教師、馬主についてはそれほど有益な情報もなかったので、騎手についてだけみていきます。

京都芝1200成績

浜中:勝率15.3%複勝率37.5%
幸:勝率7.1%/複勝率20.5%
武豊:勝率11.1%/複勝率28.6%
和田:勝率5.6%/複勝率24.1%
松田:勝率:6.7%/複勝率12.0%
デムーロ:勝率21.1%/複勝率36.8%
四位:勝率7.5%/複勝率15.0%
武幸:勝率:11.1%/複勝率:18.5%)
森一:勝率:22.2%/複勝率:44.4%)
池添:勝率1.8%/複勝率20.0%
水口:勝率5.0%/複勝率15.0%
古川:勝率3.2%複勝率6.5%
フォーリー:勝率0%/複勝率0%
※過去5年の成績となります

⇒福永Jがいない今回は、浜中Jが抜けた存在となります。次いで19鞍での成績なので参考値ですがデムーロJ、庭である京都での武豊Jの順でしょうか。逆に不振の騎手については、勝率1.8%という池添Jが際立ちます。ここまでの数字ですので、この事実は覚えておいた方が良さそうですね。

2017年リーディング

和田:勝率12.7%/複勝率30.2%
武豊:勝率15.4%/複勝率46.1%
幸:勝率8.6%/複勝率24.1%
デムーロ:勝率7.8%/複勝率49.0%
池添:勝率8.9%/複勝率22.2%
松田:勝率10.0%/複勝率20.0%
武幸:勝率23.1%/複勝率30.8%
古川:勝率5.1%/複勝率12.8%
浜中:勝率2.4%/複勝率23.8%
四位:勝率5.0%/複勝率25.0%
フォーリー:勝率0%/複勝率28.0%
森一:勝率0%/複勝率33.3%
水口:勝率0%/複勝率0%

⇒関西リーディングトップの和田Jが好調なのは間違いないですが、武豊Jの京都では負けられないところ。まったく勝ちきれないものの複勝率を上げてきているデムーロJにも注意は必要でしょうか。逆に、勝率2.4%の浜中Jは得意の舞台と言えども不安な状態です。

馬券対象馬絞り込み作業

以上の内容から馬券対象は、以下の5頭に絞ることができました。

・ラインスピリット(森)
・ヒルノデイバロー(四位)
・ソルヴェイグ(デムーロ)
・ダンスディレクター(武豊)
・ブランボヌール(和田)

今回はすんなりと5頭まで絞れましたので、これ以上絞る作業は行わずに、各馬の序列について考えていきます。本命は穴馬候補にも挙げたラインスピリットに献上します。愛馬を完全に手の内に入れている森一Jが平地重賞初制覇することに期待します。対抗には、京都芝を9戦5勝2着3回のダンスディレクター、単穴にどうしても展開待ちとなってしまうヒルノデイバロー、以下、関西リーディングの和田騎手騎乗のブランボヌール、複勝率5割弱のデムーロJ騎乗のソルヴェイグとします。

最終結論

 ◎ ➀ラインスピリット
 ○ ⑦ダンスディレクター
 ▲ ④ヒルノデイバロー
 △ ⑫ブランボヌール
 ★ ⑤ソルヴェイグ

買い目

 馬連 ◎ー○ 400円
 ワイド ◎ー○▲ 各500円
 3連複1頭軸 ◎ー○▲△★ 各100円 
 ワイド ◎ー△★ 各300円
 ※買い方が悪いと思い修正(2017/1/28 23:15)
 合計 2,000円

なお、ラインスピリットと心中の馬券構成ですが、重馬場は苦手な馬なので天気に泣く可能性もありますが、そこは割り切ってこの馬券で勝負します!

では、今回はここまで。
次回『東京新聞杯』でお会いしましょう。

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...