一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

京都記念2017_勝負馬券 ◎ヤマカツライデン

calendar

京都記念2017 最終結論

さあ、いよいよ予想の時間です!

これまでの予想

今回は週中に2回の検討を行いました。天気がどうなるか分からなかったこともあり、少し予想のペースを落としましたが、考えすぎなかったことが良い報告に向くことを期待したいと思います。

 予想第1弾:1番人気の不振の原因
 予想第2弾:展開面からの本命候補探し

枠順見解

続いて、発表された枠順を見てみます。
ちなみに、過去5年の京都芝2200mの枠順別成績はこんな感じになっています。

京都芝2200mの枠順別成績

 1⃣ 勝率:7.3%、複勝率:24.8%
 2⃣ 勝率:13.8%、複勝率:26.7%
 3⃣ 勝率:11.4%、複勝率:25.2%
 4⃣ 勝率:5.6%、複勝率:20.6%
 5⃣ 勝率:6.0%、複勝率:18.8%
 6⃣ 勝率:4.2%、複勝率:19.6%
 7⃣ 勝率:4.4%、複勝率:18.4%
 8⃣ 勝率:8.0%、複勝率:24.7%

⇒今回は10頭立てなので、そこまで大きな要因にはならなそうですが、基本的には内枠有利な傾向があります。

京都記念2017 枠順

で、今回の枠順を見ていくと、、、

 1⃣ ① アクションスター(松若)
 2⃣ ② ヤマカツライデン(池添)
 3⃣ ③ マカヒキ(ムーア)
 4⃣ ④ スマートレイアー(岩田)
 5⃣ ⑤ ウインインスパイア(フォーリー)
 6⃣ ⑥ サトノクラウン(デムーロ)
 7⃣ ⑦ ショウナンバッハ(幸)
 7⃣ ⑧ アングライフェン(浜中)
 8⃣ ⑨ ミッキーロケット(和田)
 8⃣ ⑩ ガリバルディ(川田)
 
⇒大きな有利不利はないですが、逃げるヤマカツライデンにとっては内枠偶数枠というのは願ってっもない枠かと。

展開面考察

逃げ馬の取り扱いについて

類似条件である京都芝2400mでは上がり最速馬を狙えばいいようなレースなのですが、本条件の京都芝2200mでは上がり最速馬は少し苦戦傾向となっています。そこで注目したいのが逃げ馬の存在なのですが、過去10年の結果を見ても逃げた全頭が人気よりも良い成績を納めているように結果を残しいやすい条件のようです。(開催時期の影響が大きいようで、エリザベス女王杯では逃げ馬は苦戦傾向)

展開予想

  ヤマカツライデン
  スマートレイアー
  サトノクラウン
  マカヒキ
  ウインインスパイア
  ショウナンバッハ
  アングライフェン
  ミッキーロケット
  アクションスター
  ガリバルディ

⇒逃げ馬はヤマカツライデンのみですし先行馬も少な目ですので、ヤマカツライデンの楽逃げが予想されます。前回も楽な逃げが打てるかと思ったら不可解なアドマイヤフライト(最下位入線)に絡まれて7着と直線で失速。やや重めの残りということもあったようですし、スリムになって競りかけられない今回は直線での粘りがまったく違うと考えます。

あとは後ろからどの馬が伸びてくるかという競馬となるかと思いますが、今の京都競馬場は馬場がかなり悪い上に、悪天候も重なっていますので能力を発揮できる馬はかなり限られてくるかと思います。

前日馬場考察

2月11日の京都芝レースの上位馬血統

3歳未勝利(芝2000m)
 父:ハーツクライ/母父:キングマンボ
 父:ステイゴールド/母父:Mtoto
 父:ゼンノロブロイ/母父:トニービン
琵琶湖特別(芝2400m)
 父:アドマイヤボス/母父:サッカーボーイ
 父:チチカステナンゴ/母父:ダンスインザダーク
 父:ハーツクライ/母父:Miswaki
飛鳥S(芝1800m)
 父:ステイゴールド/母父:Numerous
 父:ベーカバド/母父:アグネスタキオン
 父:ヴィクトワールピサ/母父:Pivotal
洛陽S(芝1600m)
 父:Kitten’s Joy/母父:Honour and Glory
 父:スクリーンヒーロー/母父:ディアブロ
 父:ダンスインザダーク/母父:トウカイテイオー

⇒やはり重馬場が得意な血統が並んでいる感じですね。ディープインパクト産駒の名前がないのは出走馬が2頭のみだったこともあるかと思いますが、先週も結果が出ていなかったことも合わせますと、現在の京都競馬場の馬場状態はまったく合っていないと言えるかと思います。今回は人気集める馬の中にディープインパクト産駒がいますが、大きな割引が必要だと考えます。

【参考】今週のディープインパクト産駒成績

  洛陽S(芝1600m)
  サトノラーゼン:10着(1番人気)
  ラングレー:8着(6番人気)

【参考】京都記念出走のディープインパクト産駒

  マカヒキ(ムーア)
  スマートレイアー(岩田)
  ガリバルディ(川田)

2月11日の京都での騎手成績

 松若:0-2-0-1-0-6
 池添:0-0-3-0-0-6
 フォーリー:0-1-1-1-2-4
 デムーロ:3-0-0-1-1-5
 幸:1-2-1-2-0-6
 和田:3-3-1-1-0-4

⇒和田JとデムーロJが3勝と大爆発。特に芝で2勝のデムーロJは馬場状態をかなり把握できているのではないかと思います。他の騎手も成績は悪くはありませんし、今日の馬場状態を確認できたのは、東京競馬場参戦組よりはアドバンテージがあるように思います。

【参考】東京競馬場参戦組の成績

  ムーア:1-0-0-1-1-1
  (当日は京都記念前に芝レース3鞍騎乗)
  ※1番人気2回、2番人気1回、3番人気1回での成績
  川田:0-0-0-1-0-1
  (当日は京都記念前に芝レース1鞍騎乗)
  岩田:1-0-1-0-0-2
  (当日は京都記念前に芝レース3鞍騎乗)
  浜中:2-0-0-1-0-1
  (当日は京都記念前に芝レース3鞍騎乗)

⇒川田騎手が関東遠征時は乗鞍を絞るのは通例なのですが、怪我からの早期復帰明けですので少し状態を心配してしまいます。また、京都記念の前に芝のレースを1鞍しか乗らないのはマイナス材料かと思います。ムーア騎手も人気を集めて馬券圏内1回というのはムーアJの期待値からしたら不満の残る結果です。この季節の来日は初めてですし、この寒さでいつものパフォーマンスを発揮できない可能性があることは頭に入れておいた方が良さそうです。

馬券対象馬絞り込み作業

本命は、週中の検討で名前の挙がったヤマカツライデンにそのまま献上します。日経新春杯に続いての本命ですが、今度こその思いです。

現在の特殊馬場をこなせる馬ということでディープインパクト産駒は全て無印として、残った馬の中から好調騎手騎乗馬と馬場がいかにも合いそうなステイゴールド産駒を馬券対象とします。

 ・サトノクラウン(デムーロ)
 ・ショウナンバッハ(幸)
 ・アングライフェン(浜中)
 ・ミッキーロケット(和田)

なお、各馬の序列についてですが、同じく馬場が悪かった日経新春杯快勝、ローテーション的にもまだまだ余力のあるミッキーロケットを対抗。以下は、海外遠征前なのでローテは不安も好調の鞍上と馬場適正を評価委してサトノクラウン、嵌れば一発の魅力のあるショウナンバッハ、ステイゴールド産駒の底力に期待してアングライフェンとします。

最終結論

 ◎ ②ヤマカツライデン
 ○ ⑨ミッキーロケット
 ▲ ⑥サトノクラウン
 △ ⑦ショウナンバッハ
 ★ ⑧アングライフェン

買い目

 ワイド ◎ー○▲ 700円
 3連単フォーメーション
 ◎→〇▲→〇▲△★ 各100円
 合計 2,000円

では、今回はここまで。
次回『フェブラリーS』でお会いしましょう。

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...