一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

中山記念2017_使えない過去の傾向と近年のトレンド

calendar

中山記念2017 予想第1弾

今週の勝負レースは中山記念です。今年最初のG1であるフェブラリーSもハズしてしまい、連敗は7まで伸びています。。。なんとか連敗は止めたいのですが、ある程度は覚悟していた結果ですので自分のスタイルを崩さないように的中を目指したいと思います。

中山競馬場今昔物語

2013年から本格的に導入されたエアレーション、2013年12月~2014年11月にかけて行われた中山競馬場の路盤改造工事の影響により、中山競馬場の馬場状態は大きく変化を見せました。
過去5年、過去10年の結果をベースにしたデータ予想なども見られますが、中山競馬場に関して言えば、昔のデータを含めるのはナンセンスなのです。

エアレーションの基礎知識

エアレーションは馬場に穴を開け、クッション性を高め軟らかくする狙いの作業です。そのため、開幕直後は非常に柔らかい状態での開催となり、開催が進むにつれて踏み固めれていくという流れとなります。
これにより、どういったことが起きるかと言うと、開幕週は全面馬場が柔らかい状態のために脚質による有利不利が少ないために差しも決まり、開催が進むと内枠ほど踏み固められるようになるために逃げ・先行馬に有利となります。

中山記念における傾向の変化

サンプルが少ないので参考程度なりませんが、実際に中山記念の過去の結果で比較してみます。

2013年以降の脚質別成績

  逃げ:勝率 0.0%/複勝率 20.0%
  先行:勝率 26.6%/複勝率 46.7%
  差し:勝率 0.0%/複勝率 18.8%
  追込:勝率 0.0%/複勝率 6.2%

2007年~2012年の脚質別成績

  逃げ:勝率 16.7%/複勝率 50.0%
  先行:勝率 10.0%/複勝率 30.0%
  差し:勝率 11.1%/複勝率 14.8%
  追込:勝率 0.0%/複勝率 17.8%

⇒エアシェイディ(2007年2着)やドリームジャーニー(2009年2着)が数字を押し上げているために、追い込み馬に関しては過去の方が高い数字となっていますが、それ以外はまあ想定通りの結果となっています。
逃げ馬は2014年に1番人気に推されたトウケイヘイローも6着に沈むなど苦戦傾向です。『開幕週の中山だから逃げ馬!』という安易な予想には気を付けた方がよさそうです。

中山記念過去4年の成績

他にも傾向がないかを見るために、過去4年の成績を振り返ってみます。

中山記念2016(良馬場/11頭立て)
1着:ドゥラメンテ(牡馬4歳)⑤⑤⑤④
2着:アンビシャス(牡馬4歳)⑩⑩⑩⑨
3着:リアルスティール(牡馬4歳)⑤⑤⑥⑤

中山記念2015(稍重馬場/11頭立て)
1着:ヌーヴォレコルト (牝馬4歳)③③③④
2着:ロゴタイプ(牡馬5歳)②②②➀
3着:ステファノス(牡馬4歳)⑦⑥⑦⑦

中山記念2014(稍重馬場/15頭立て)
1着:ジャスタウェイ(牡馬5歳)③④④③
2着:アルキメデス(牡馬5歳)⑧⑩⑧⑦
3着:ロゴタイプ(牡馬4歳)⑤⑥⑥③

中山記念2013(良馬場/15頭立て)
1着:ナカヤマナイト(牡馬5歳)⑦⑤④③
2着:ダイワファルコン(牡馬6歳)②②②②
3着:シルポート(牡馬8歳)➀➀➀➀

⇒4歳馬の活躍が目立っています。特にここ2年は顕著で、2016年は出走馬3頭でワンツースリーフィニッシュ、2015年は出走馬5頭で6着以内に5頭が入るという結果に。今年は4歳馬の登録は秋華賞馬のヴィブロスのみですが、これだけの優勢な傾向が後押しするかどうか注目です。

馬券圏内だった4歳馬の詳細

ちなみに、馬券圏内だった4歳馬がどんな成績で、次走はどんな結果だったかについて参考までに見ておきます。

ドゥラメンテ

  [3歳時成績]
  皐月賞 1着
  ダービー 1着
  [次走]
  ドバイシーマクラシック 2着

アンビシャス

  [3歳時成績]
  ラジオNIKKEI賞 1着
  天皇賞(秋)5着
  [次走]
  大阪杯 1着

リアルスティール

  [3歳時成績]
  皐月賞 2着
  ダービー 4着
  菊花賞 2着
  [次走]
  ドバイターフ 1着

ヌーヴォレコルト

  [3歳時成績]
  桜花賞 3着
  オークス 1着
  秋華賞 2着
  エリザベス女王杯 2着
  [次走]
  ヴィクトリアマイル 6着

ステファノス

  [3歳時成績]
  富士S 1着
  [次走]
  クイーンエリザベス2世C 2着

ロゴタイプ

  [3歳時成績]
  皐月賞 1着
  ※2歳時:朝日杯 1着
  [次走]
  ドバイデューティフリー 6着

⇒ここを叩いて海外という馬も多いですが、京都記念とは違いレース間隔も短くなるために、ある程度仕上げてくる傾向にあるようです。次走海外組であってもマイナス要素ではないと言えます。

本日のまとめ

・中山の開幕週だが逃げ馬は苦戦傾向
・改修以降は明け4歳馬が猛威を振るう
・次走海外組もマイナスにはならない

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...