一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

中山記念2017_勝負馬券 ◎ヴィブロス

calendar

中山記念2017 最終結論

今年最初のG1であるフェブラリーSも残念ながらハズレ。不調脱出のきっかけになることを期待していたのですが、残念です。
フェブラリーS2017の予想

今週から第2回中山・第1回阪神開催に替わりますので、そこに運気が変わることを願って中山記念の最終予想を進めていきます。

これまでの検討記事

第1弾:使えない過去の傾向と最近のトレンド
第2弾:ディープインパクト産駒vsステイゴールド産駒
第3弾:出走各馬のアゲサゲポイント

出馬表

まずは出馬表を眺めてみます。

 1⃣ ① ネオリアリズム(デムーロ)
 2⃣ ② マイネルミラノ(柴田大)
 3⃣ ③ ヴィブロス(内田博)
 4⃣ ④ リアルスティール (戸崎)
 5⃣ ⑤ サクラアンプルール(横山典)
 6⃣ ⑥ ヒラボクディープ(北村宏)
 6⃣ ⑦ アンビシャス(ルメール)
 7⃣ ⑧ ツクバアズマオー(吉田豊)
 7⃣ ⑨ ロゴタイプ(田辺)
 8⃣ ⑩ ヌーヴォレコルト(岩田)
 8⃣ ⑪ クリールカイザー(石川裕)

⇒内枠に入りたかったロゴタイプ、ヌーヴォレコルト、クリールカイザーは希望叶わず外枠に入りましたね。これにより、マイネルミラノの逃げが濃厚となりました。

馬券対象馬について

近年の中山馬場傾向

中山競馬の傾向は近年変わりつつあり、中山記念の時期に関しては若駒が強い傾向が色濃く出ています。過去にはリピーターの存在が注目されたレースでもあるが、高齢馬による再度の好走は望みにくくなったと考えていいでしょう。

ロゴタイプ(2015年2着、2014年3着)
ヌーヴォレコルト(2015年1着)

中山競馬場の距離による傾向

中山競馬場の芝コースは2000mまではディープインパクト産駒のようなスピード型のタイプが結果を出しやすく、2000mを超えるとステイゴールド産駒のようなスタミナタイプが台頭してきます。中山巧者にも注目が集まりますが、今回は芝1800mのコースですので、長目の距離でスタミナを活かして結果を残してきたタイプは軽視の方向とします。

ツクバアズマオー
クリールカイザー
サクラアンプルール※スピード兼備の中山巧者も力不足

さらなる絞り込み作業

残るのは以下の6頭ですが、マイネルミラノとヒラボクディープは明らかに役不足ですので無印でいいでしょう。となると、人気どころの4頭が残ります。

馬券対象馬候補

  ネオリアリズム(デムーロ)
  ヴィブロス(内田博)
  リアルスティール (戸崎)
  アンビシャス(ルメール)

⇒このままではトリガミの恐れも出てきてしまいますので、この中からもう1頭無印に回します。甲乙つけ難いのですが、58㎏を背負うのと、直前でのムーアJから戸崎Jへの騎手変更、昨年よりもこのレースへの本気度の低さ、ベストは左回りであるなどの理由からリアルスティールを切ります。

馬券対象馬の序列

3頭まで絞れましたので、序列を付けていきたいと思います。
本命は、唯一の4歳馬であるヴィブロスとします。内田博騎手との相性がどうとか言われていますが、成長前の段階での騎乗ですのでノーカウントということでいいでしょう。それよりも、佐々木オーナーの馬への久しぶりの騎乗で気合は入っている点を評価します。また、昨年の秋からの成長にも期待ができる点も強調材料です。

対抗には昨年2着のアンビシャスを指名します。2000mとなると甘さが出てしまうためベストは1800mなのは確実で、次走の大阪杯が勝負だとは思いますが、ここへの本気度も高いと判断しました。

3番手には、ネオリアリズム。週中の検討の段階では消しも考えたのですが、アーリントンCのペルシアンナイトで勝利しましたので鞍上のデムーロJの確変は継続しています。複勝ころがしで言及したように確変中のデムーロJは本当に手がつけられないので、確変が終わるまでは馬券対象から外すことはできません。

最終結論

 ◎ ③ ヴィブロス
 ○ ⑦ アンビシャス
 ▲ ① ネオリアリズム

買い目

 馬連 ◎ー○ 400円
 ワイド流し ◎ー○ 1,000円
 3連単BOX ◎○▲ 各100円
 合計 2,000円

では、今回はここまで。
次回『弥生賞』でお会いしましょう。

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...