一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

弥生賞2017_勝負馬券 ◎ダイワキャグニー

calendar

reload

弥生賞2017 最終結論

今週は仕事の関係で更新頻度が低くなりましたが、それが逆に良い方向に転がることに期待しつつ弥生賞の最終予想を進めていきます。

これまでの検討記事

第1弾:例年以上に軽い馬場傾向

出馬表

まずは出馬表を眺めてみます。

 1⃣ ① ベストアプローチ(戸崎圭)
 2⃣ ② テーオーフォルテ(城戸)
 3⃣ ③ グローブシアター(川田)
 4⃣ ④ ダンビュライト(ルメール)
 5⃣ ⑤ サトノマックス(シュタルケ)
 5⃣ ⑥ キャッスルクラウン(中野省)
 6⃣ ⑦ コマノインパルス(田辺)
 6⃣ ⑧ スマートエレメンツ(蛯名)
 7⃣ ⑨ ダイワキャグニー(北村宏)
 7⃣ ⑩ マイスタイル(横山典)
 8⃣ ⑪ カデナ(福永)
 8⃣ ⑫ ディアシューター(大野)

⇒逃げるかと思っていたディアシューターが大外に入り、陣営からは逃げない宣言が飛び出しています。代わってマイスタイルが逃げることになりそうですが、人気馬の多くが差し馬ということもあり道中は落ち着きそうですね。

馬券対象馬について

現在の中山馬場傾向

週中の考察でも触れたように、現在の中山競馬場の馬場状態は例年以上に軽いものになっています。そのため、中距離戦では1ハロン短いくらいの距離を得意としている先行馬が有利な状況です。
土曜日の競馬も見ていましたが、その傾向は変わりませんので、先行馬中心の狙いで問題ないと判断します。

有力馬評価

ダイワキャグニー(1番人気)
⇒1800m戦を2戦2勝してここに駒を進めてきた先行馬という、まさに今の中山競馬場にマッチしている馬。また、前走のセントポーリア賞も強いのひと言で、能力的にも疑いようがなく1番人気なのも納得。何の疑いもなく本命を献上します!

カデナ(2番人気)
⇒京都2歳S(G3)勝ちを含め4戦2勝2着2回といった好成績を収めていることもあり現在2番人気に推されています。ただ、賞金が足りているために本番へ向けての叩き台という思いも強いでしょうし、鞍上も無理はしないタイプ。さらに、4戦全てで上がり最速を記録しているように末脚のキレ味で勝負するタイプで今の中山の馬場にはマッチしません。

コマノインパルス(3番人気)
⇒同条件の葉牡丹賞でレイデオロの2着、同じく同条件の京成杯を勝利している中山巧者。ただし、どちらの競馬も差しが決まるレースでの結果で今の馬場で同じ結果を望むのは酷。鞍上が絶好調なために、いつもより前目でレースができれば可能性もありますが、出遅れ癖があるためにそれも望みにくいです。

グローブシアター(4番人気)
⇒同条件のホープフルSでレイデオロの3着ということで適性は示していますが、こちらも差しが嵌っての好走で今の中山向きではないと言えます。また、同型ならばコマノインパルスの方が全ての面で上と評価しているために、とても印は回せません。

馬券対象候補について

上記のように本命はダイワキャグニーとすんなりと決まったものの、それ以外の有力馬は現在の中山の馬場にマッチしているとはとても言えないため全て無印とします。

代わって候補には、鞍上もエンジンがかかってきて内枠をうまく活かしてくれそうなベストアプローチ、能力高いも癖が強く乗り難しい馬だが鞍上の継続騎乗でうまく制御できそなダンビュライト、バリングラではなくこちらを使うことを決めた堀厩舎の選択を信じてサトノマックス、単騎逃げが叶いそうなマイスタイルの4頭をチョイスします。

最終結論

 ◎ ⑨ ダイワキャグニー
 ○ ④ ダンビュライト
 ▲ ① ベストアプローチ
 △ ⑤ サトノマックス
 ★ ⑩ マイスタイル

買い目

 馬連流し ◎ー○▲△★ 各200円
 3連単フォーメーション
 ◎→○▲△★→○▲△★ 各100円
 合計 2,000円

では、今回はここまで。
次回『中山牝馬S』でお会いしましょう。

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...