一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

阪神大賞典2017_サトノダイヤモンドの復帰戦に潜む不安

calendar

阪神大賞典2017 予想第1弾

今週の勝負レースは阪神大賞典です。サトノダイヤモンドが早い段階から出走を表明していたこともあり、最大で10頭立てという少頭数でのレースとなりました。ここは確実に的中させ、連勝といきたいところです。

サトノダイヤモンドの扱い

今年の阪神大賞典の最大の注目は現役最強馬・サトノダイヤモンドの出走でしょう。そこで、阪神大賞典の予想第1弾の今回はサトノダイヤモンドの評価について検討をしていきたいと思います。

サトノダイヤモンドの今後のローテ

サトノダイヤモンドの今後のローテーションについては年明け早々に発表があり、阪神大賞典→天皇賞(春)の2戦を行い、その後は凱旋門賞を最大目標にしてローテを組むとなっています。日本競馬界悲願の凱旋門賞制覇に向けての始動戦となるここは順調に通過をしてもらいたいところというのが大方の思いでしょうか。

サトノダイヤモンドのこれまでの戦績

まずは、サトノダイヤモンドのこれまでの戦績を振り返ってみます。

 ・新馬戦:1着
 ・2歳500万下:1着
 ・きさらぎ賞:1着
 ・皐月賞:3着
 ・東京優駿:2着
 ・神戸新聞杯:1着
 ・菊花賞:1着
 ・有馬記念:1着

⇒敗れたのも皐月賞と東京優秀の2度だけでどちらも3着以内とほぼ完璧な成績です。さらに、東京優駿では道中で落鉄があってマカヒキとハナ差の2着でしたので、普通ならば勝っていたと考えていいでしょう。

戦績から導かれる特徴

成績がほぼ完璧ということは分かったのですが、そうなると逆に3着に敗れた皐月賞の敗因が気になってきます。
最強世代と呼ばれる世代のため相手もかなり強かったとは言え、能力だけを考えれば圧勝してもおかしくなかったはずです。初の古馬相手だった有馬記念の勝利からも中山適正が低いとは考えにくく、最大目標としていた東京優駿への叩き台で仕上がり不足が原因としか考えられません。
そう考えると、勝ったとはいえクビ差の辛勝となった神戸新聞杯の結果も、秋の最大目標であった菊花賞への叩き台であったということで納得できるものとなります。

【参考】皐月賞2016結果

  1着:ディーマジェスティ
  2着:マカヒキ(1馬身1/4)
  3着:サトノダイヤモンド(1馬身1/4)
  4着:エアスピネル
  5着:リオンディーズ

【参考】神戸新聞杯2016結果

  1着:サトノダイヤモンド
  2着:ミッキーロケット(クビ)
  3着:レッドエルディスト(3馬身)
  4着:カフジプリンス(アタマ)
  5着:エアスピネル(1馬身1/4)

補足として有馬記念の結果についての考え方ですが、こちらは菊花賞からレース間隔が2ヶ月ほど開きましたので、仕上がりに関してはキッチリと仕上げてきたのだと思います。ただ、サトノダイヤモンドが良いパフォーマンスを発揮してきたのは、8~9分程度の仕上がりで1度叩いて本番に挑むというパターンのため、ベストのローテではなかったと考えています。同厩舎・同馬主のサトノノブレスのアシストがあったとの意見もあるかと思いますが、有馬記念の結果を見る限り、サトノダイヤモンド>>キタサンブラックと評価をしています。※あくまで能力比較で条件次第では逆転がないわけではありません

【参考】有馬記念2016結果

  1着:サトノダイヤモンド
  2着:キタサンブラック(クビ)
  3着:ゴールドアクター(1/2馬身)
  4着:ヤマカツエース(1馬身1/4)
  5着:ミッキークイーン(クビ)
  6着:シュヴァルグラン(1/2馬身)

阪神大賞典へ向けての臨戦過程

2月21日に帰厩(阪神大賞典:3月19日)
2週間前:栗東CW(併せ馬)6F 84.3-11.4秒
1週間前:栗東CW(併せ馬)7F 98.6-67.0-52.4-38.6-11.3秒
最終:栗東CW(併せ馬)4F52.8-38.6-12.2 強め

【参考】神戸新聞杯2016出走時

  8月24日に帰厩(神戸新聞杯:9月25日)
  2週間前:栗東CW(併せ馬)6F 82.0-12.1秒
  1週間前:栗東CW(併せ馬)6F 82.0-66.2-52.3-38.4-11.4秒
  最終:栗東CW(単走)4F53.4-38.4-11.9 強め ※重馬場

⇒最終追い切りを単走ではなく併せ馬で消化してきましたが、神戸新聞杯時と比較してもほとんど変わりのない事が分かります。さすがは池江先生です、いつもと変わらない8~9分仕上げにキッチリと仕上げてくれました。次走の天皇賞(春)は勝つと信じて疑いませんが、叩き台のここは取りこぼす可能性が出てきたと判断します。

サトノダイヤモンドを破る可能性がある馬

候補となるのは、皐月賞でいうところのディーマジェスティ、マカヒキ、勝ってはいませんがクビ差まで追い詰めたミッキーロケットのような馬となります。
この3頭を分類分けすると以下のようになります。

【馬場適正とメイチの仕上げ】
 ディーマジェスティ
→この時点では分かっていませんでしたが、その後のセントライト勝ちなどを見ても中山適正は高く、東京優駿出走時には状態がイマイチだったという報道もあったとおりに皐月賞がメイチの仕上げだったことは明らかです。サトノダイヤモンドとディーマジェスティほどの能力差があったとしても、この2つが合わされば2馬身半もの差を付けて勝っているという事実は見逃せません。

【能力の裏付け】
 マカヒキ
 ミッキーロケット
→マカヒキはその後に東京優駿を、ミッキーロケットはその後に日経新春杯を勝利しています。まあ、単純に能力が高かったということですが、8~9分程度の仕上がりのサトノダイヤモンドであれば、古馬G2級の能力が発揮できれば五分に戦うことができるという見方もできるかと思います。

まとめ

阪神大賞典2017はサトノダイヤモンド中心で問題はありませんが、最大目標である天皇賞(春)への叩き台のために死角がないわけではないです。ただ、もし破るとしたら、高い馬場適正を味方にする馬か古馬G2戦を勝利できるほどの実力を発揮できる馬になるため、簡単に超えられる壁ではないことは間違いないかと思います。

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...