一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

高松宮記念2017_高速馬場の申し子を探せ

calendar

高松宮記念2017 予想第1弾

今週の勝負レースは高松宮記念です。いよいよ春のG1レースの開幕ですね。第2回中山開催のおかげで調子が上がってきていますので、スタートダッシュを決めたいと思います。

高松宮記念2017 特別登録馬

まずは、特別登録馬を眺めてみます。

【優先出走馬】
 トーキングドラム
 メラグラーナ
【賞金上位馬】
 レッドファルクス
 レッツゴードンキ
 シュウジ
 スノードラゴン
 フィエロ
 ナックビーナス
 セイウンコウセイ
 レッドアリオン
 ソルヴェイグ
 ラインスピリット
 バクシンテイオー
 ワンスインナムーン
 クリスマス
 トウショウピスト
 ティーハーフ
 ヒルノデイバロー
【以下、除外対象馬】
 ナガラオリオン
 ブラヴィッシモ
 オメガヴェンデッタ
 ※フルゲートは18頭

⇒昨年の覇者のビッグアーサーが右前上腕の筋挫傷のために回避、昨年2着のミッキーアイル電撃引退、昨年3着のアルビアーノも引退、シルクロードSを連覇したダンスディレクターが左第1指骨剥離骨折のために回避と有力馬が立て続けに出走しなくなったために、なかなかの小粒感です。
また、ドバイワールドカップデーと開催が重なっているために、武豊J、ルメールJ、福永Jが不在となり、想定騎手からも物足りない感じが漂ってきます。

高松宮記念2016 結果

続いて、昨年の結果を簡単に振り返ってみます。

2⃣④ ビッグアーサー 牡5 福永 1:06.7 ④④
3⃣⑥ ミッキーアイル 牡5 松山 1:06.8 ③③
4⃣⑧ アルビアーノ 牝4 ルメール 1:07.1 ⑧⑩
5⃣⑩ アクティブミノル 牡4 藤岡康 1:07.1 ⑤⑦
7⃣⑬ エイシンブルズアイ 牡5 石橋脩 1:07.2 ⑭⑫
5⃣⑨ ティーハーフ 牡6 池添 1:07.3 ⑰⑫
3⃣⑤ スノードラゴン 牡8 大野 1:07.3 ⑧⑦
6⃣⑪ レッツゴードンキ 牝4 岩田 ⑭⑫
6⃣⑫ ウリウリ 牝6 戸崎圭 ⑧⑩
7⃣⑭ アースソニック 牡7 バルジュ 1:07.4 ⑫⑫
8⃣⑱ ハクサンムーン 牡7 酒井 1:07.5 ②②
8⃣⑰ ヒルノデイバロー 牡5 太宰 1:07.6 ⑫⑫
1⃣② ウキヨノカゼ 牝6 四位 1:07.7 ⑱⑱
1⃣① ブラヴィッシモ 牡4 横山典 1:07.7 ⑧⑦
8⃣⑯ スギノエンデバー 牡8 鮫島克 1:07.8 ⑭⑰
7⃣⑮ ローレルベローチェ 牡5 中井 1:07.9 ➀➀
2⃣③ サクラゴスペル 牡8 勝浦 1:08.1 ⑤④
4⃣⑦ サトノルパン 牡5 和田 1:08.2 ⑤④

⇒改装後初めてのBコースで行われた昨年ですが、直前での芝刈りの効果もあって異常なまでの高速馬場での開催となりました。さらに、外枠の2頭(ローレルベローチェとハクサンムーン)が飛ばしたために、スピード勝負が得意な馬が上位を独占するという結果になりました。位置取りが後ろ目の馬や距離適性がやや1400m向きの馬などには厳しいレースでしたので、今年のレースの質がガラリと変わるようであれば、惨敗組も巻き返せるという見方をしています。

中京競馬場の馬場状態

昨年は異常馬場により結果が決まってしまいましたので、今年も馬場状態については注意が必要かと思います。昨年も最終週になって急に傾向が変わりましたので、今年も土曜日の競馬を見てからでないと最終判断は下せません。

【参考】使用コースの変更

  2015年:Aコース→Aコース→Aコース
  2016年:Aコース→Aコース→Bコース
  2017年:Aコース→Aコース→Bコース
  ※2012年までは4週間開催

今開催特別戦の走破タイム比較

今年の馬場状態を確認するために、特別戦の走破タイムについて昨年の結果と比較をしてみます。(2016年走破時計/2017年走破時計)

【1週目】
 フローラルウォーク賞:1.36.5/1.35.7
 中日新聞杯:2.01.3/2.01.3
 トリトンステークス:1.21.4/1.19.6
 賢島特別:1.35.2/1.33.4
【2週目】
 ファルコンS:1.25.0(不良)/1.21.1
 小牧特別:2.02.6/2.01.8
【3週目】
 岡崎特別:1.07.4/???
 名鉄杯/小牧特別 :2.13.8/???
 ※1000万下の2200m戦
 刈谷特別:1.33.0/???
 高松宮記念:1:06.7/???

⇒1レースのみ同タイムですが、他のレースに関しては今年の方が全て1秒近く早いタイムを記録しています。ここまでは昨年に比べるとかなりいい馬場状態と言えるようです。とは言え、昨年のように最終週でガラリ一変のパターンもありますので、今週土曜日の特別戦3鞍のタイムに注目しましょう。

昨年同様の馬場状態にマッチする馬しない馬

土曜日までは馬場状態のジャッジはできませんが、もし昨年同様の異常な高速馬場であった場合、登録馬の中でどの馬がマッチしそうで、どの馬がマッチしなそうなのかは考えておいて損はないでしょう。

高速馬場歓迎組

・シュウジ:先行力と距離短縮ローテが得意
セイウンコウセイ:安定した先行力はメンバー随一
・ソルヴェイグ:前走は敗因明確なため度外視可能
・ラインスピリット:1000mで快勝の快速馬(先行できた場合)

高速馬場非歓迎組

・メラグラーナ:高速馬場を差し切るだけの脚はない
・レッツゴードンキ:スプリント戦では後方からになり昨年も8着が精一杯

⇒有力どころを高速馬場適正だけで分別するとこんな感じかと。京都専用機の可能性もありますが、先行力が抜けているセイウンコウセイが一番気になっています。ちなみに、レッドファルクスに関しては、歓迎ではないが対応可能という判断です。

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...