一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

大阪杯2017_阪神2000mという舞台設定

calendar

大阪杯2017 予想第1弾

今週の勝負レースは大阪杯です。フェブラリーS、高松宮記念と連敗スタートとなってしまった今年のG1戦線ですが、得意の芝の中距離戦で連敗を止めたいと思います。

大阪杯2017の見所

本来であれば春のG1シーズンへ向けての実力馬の復帰戦となることが多かったレースですが、それがG1に昇格することになりました。きっちりと1戦使ってから挑む馬もいますが、逆に休養期間が短くなるために秋のG1シーズンでの疲れがとれるかどうかの不安もあります。始動戦組VS叩き2戦目組とでどういった結果になるか個人的には注目をしています。

大阪杯2017の特別登録馬

まずは、特別登録馬を眺めてみます。

【優先出走馬】
 ヤマカツエース
【賞金上位馬】
 キタサンブラック
 マカヒキ
 サトノクラウン
 ディーマジェスティ
 ディサイファ
 ステファノス
 マルターズアポジー
 ミッキーロケット
 アンビシャス
 ロードヴァンドール
 サクラアンプルール
 モンドインテロ
 スズカデヴィアス
 アングライフェン

⇒今年からG1へ昇格したことによってどんな馬が集まるかが注目されていましたが、現役最強馬であるサトノダイヤモンドは早々に出走しないことを表明、同時期のドバイへ出走する組もいるためにフルゲート割れかつ少し寂しいメンバー構成になりました。
また、日経賞に出走したディーマジェスティの名前がありますが、両睨みだっただけで連闘ってことはないでしょうから最大で14頭立てですね。

阪神2000mの舞台設定

大阪杯の舞台設定は阪神2000mとなります。春のグランプリ・宝塚記念も同様に阪神の中距離戦となりますが、宝塚記念は阪神2200mが舞台です。どちらも阪神の内回り中距離戦となっていますが、違いはあるのでしょうか。まずは、両舞台の違いについて見ていこうと思います。

阪神2000mの特徴

・最初のコーナーまでの距離:330.5m
・逃げ馬成績:勝率17.4%/複勝率34.9%
・ディープインパクト産駒成績:勝率18.0%/複勝率41.5%
 ※最も得意とするコースの1つ

阪神2200mの特徴

・最初のコーナーまでの距離:530.5m
・逃げ馬成績:勝率13.2%/複勝率38.2%
・ディープインパクト産駒成績:勝率11.0%/複勝率26.0%
 ※成績1位はキングカメハメハ産駒(勝率14.1%/複勝率36.6%)

両舞台設定の違いまとめ

距離の違いは単純に最初のコーナーまでの距離だけです。最初のコーナーまでの距離が長くなると先行争いをする距離が長くなるということで、先行争いが激しくなりやすくなります。そのため、阪神2000mに比べると阪神2200mは逃げ馬の成績が悪くなっています。※最初に坂を登らなければならないコースのため、短距離のコースよりは逃げ馬の成績が落ちています

【参考】阪神競馬場での逃げ馬成績

  [内回りコース]
  阪神1200m(258.2m):勝率26.6%/複勝率53.2%
  阪神1400m(458.2m):勝率22.7%/複勝率41.6%
  阪神2000m(330.5m):勝率17.4%/複勝率34.9%
  阪神2200m(530.5m):勝率13.2%/複勝率38.2%
  阪神3000m(369.2m):勝率0.0%/複勝率42.9%
  [外回りコース]
  阪神1600m(444.4m):勝率13.5%/複勝率30.2%
  阪神1800m(644.4m):勝率8.1%/複勝率26.3%
  阪神2400m(309.0m):勝率14.9%/複勝率38.2%
  ※()内の数字が最初のコーナーまでの距離

また、阪神2000mはディープインパクト産駒にとってベストに近い舞台設定となっています。(参考記事:ディープインパクト産駒無双)それに対して、阪神2200mは成績1位の座をキングカメハメハ産駒に譲るなど、それほど得意とはしていなません。
これも、逃げ馬の成績に関係していて、先行争いが激しくなるようなタフなレースよりもスローの瞬発力勝負で真価を発揮するのがディープインパクト産駒であるということで理解はできるかと思います。
今回もディープインパクト産駒が大挙登録してきていますが、過去のコース成績を振り返る限り、この中のどれかが勝つ確率が高いように見えます。

【参考】ディープインパクト産駒

  アンビシャス
  ステファノス
  ディーマジェスティ
  ディサイファ
  マカヒキ
  モンドインテロ

今回のまとめ

データからはディープインパクト産駒が有利のように映っていますが、今回に関しては苦戦する可能性があるのではないかと見ています。その詳しい内容についてが次回の記事でまとめたいと思います。

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...