一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

大阪杯2017_勝負馬券 ◎ステファノス

calendar

大阪杯最終予想

今回は週中に2度の考察を行い本命馬については大方決まったでのすが、馬場状態系の考察までしか行えなかったこともあり、相手候補についてはまだまだ絞り込めていない状況です。土曜競馬の結果も出ましたので、週中の検討の方向性が間違ってなかったかどうかの確認をしながら、最終的な予想を行っていこう思います。
予想第1弾:阪神2000mという舞台設定
予想第2弾:今の阪神競馬場にマッチしている馬

大阪杯枠順

まずは、枠順について見ていきます。

1⃣ ① ミッキーロケット(和田)
2⃣ ② アングライフェン(岩田)
3⃣ ③ スズカデヴィアス(藤岡佑)
3⃣ ④ ステファノス(川田)
4⃣ ⑤ キタサンブラック(武豊)
4⃣ ⑥ サクラアンブルー(横山典)
5⃣ ⑦ サトノクラウン(デムーロ)
5⃣ ⑧ ロードヴァンドール(太宰)
6⃣ ⑨ ディサイファ(四位)
6⃣ ⑩ モンドインテロ(内田博)
7⃣ ⑪ マルターズアポジー(武士沢)
7⃣ ⑫ アンビシャス(福永)
8⃣ ⑬ ヤマカツエース(池添)
8⃣ ⑭ マカヒキ(ルメール)

⇒逃げ争いはマルターズアポジーとロードヴァンドールでしょうが、小倉大賞典でハナを切ったマルターズアポジーの外枠に入ったことで少し先行争いが激化する可能性もあります。相変わらず良い枠なのがキタサンブラックで、最内枠に入ったミッキーロケット、大外枠に入ったマカヒキはどちらも歓迎ではない枠が当たったという印象。

阪神競馬場のこれまでの走破タイム

週中の検討で今週は時計が出やすい馬場になるのではと予想しましたが、その予想が当たっていたかどうかを昨年のタイム比較で確認してみます。

【第2回阪神2週目】
アザレア賞:2.25.9 ⇒ 2.30.0(+4.1)
仲春特別:1.20.7 ⇒ 1.22.1(+1.4)
※上記数字は、2016年タイム⇒2017年タイム(前年比)

⇒土曜日は稍重での開催ですのでタイムが悪くなるのは当然として、どちらのレースもスロー展開での結果ですので比較が難しいところです。ただ、仲春特別と同条件の6Rの500万下でも1.22.1というタイムが出ていますので、馬場が回復する日曜日はタイムが出やすい馬場になると予想します。

今週の阪神競馬場のバイアス

土曜日の阪神競馬場の芝レースは5レースでした。好成績を収めた馬に何か偏りがなかったどうか確認してみます。

阪神3R 3歳未勝利(1800m)
1着 2⃣④ ブラックスピーチ(ディープインパクト
2着 7⃣⑬ エレクトロニカ(ディープインパクト
3着 5⃣⑨ テーオービクトリー(ブラックタイド)

阪神4R 3歳未勝利(2400m)
1着 2⃣③ ハギノアレス(ハーツクライ)
2着 8⃣⑮ スプマンテ(ステイゴールド)
3着 5⃣⑩ コールストーム(アーネストリー)
※ディープインパクト産駒未出走

阪神6R 4歳500万下(1400m)
1着 7⃣⑬ サブルマインド(ディープインパクト
2着 5⃣⑨ ダノンブライト(ディープインパクト
3着 4⃣⑦ レイリオン(ダイワメジャー)

阪神9R アザレア賞(2400m)
1着 3⃣③ アドミラル(ディープインパクト
2着 2⃣② アドマイヤロブソン(ディープインパクト
3着 8⃣⑧ エーティーラッセン(サマーバード)

阪神10R 仲春特別(1400m)
1着 3⃣⑤ センセーション(ゼンノロブロイ)
2着 4⃣⑥ キアロスクーロ(スタチューオブリバティ)
3着 5⃣⑩ サフランハート(アドマイヤオーラ)

⇒5戦中3戦がディープインパクト産駒のワンツーフィニッシュ!しかも残りの2戦中1戦は産駒の出走がありませんでしたので、完全にディープインパクト有利な馬場に仕上がりました。日曜日は馬場が回復することを考えるとこの傾向はさらに加速すると見て間違いないでしょう。

予想のポイント

週中の記事で、これまでの阪神競馬場の傾向でディープインパクト産駒にマッチしていないことを書きましたが、土曜日の結果を見る限り状況が一変したようです。今回はディープインパクト産駒と非ディープインパクト産駒のどちらを重視するかどうかが予想の重要なポイントだと思っていたのですが、答えは出たようです。もともと阪神2000mという舞台設定はディープインパクト産駒にとって最も得意なコースの1つですので、馬場傾向も味方するのであれば自信をもって重い印を打つことができます。

[ディープインパクト産駒]
・ステファノス
・ディサイファ
・モンドインテロ
・アンビシャス
・マカヒキ

馬券候補馬について

ディープインパクト産駒中心という方針は決まりましたので、それに時計勝負に対応できるかどうかのフィルターをかけて本命には、ステファンスを推したいと思います。ここが最大目標なのは明確で藤原厩舎渾身の仕上げにも期待しました。

相手筆頭には、最強世代のダービー馬マカヒキ。前走は馬場の悪い京都2200m戦での敗戦で度外視が可能。条件が一気に好転する今回は直線で伸びないなんてことはないはず。

3番手には、昨年の覇者のアンビシャス。昨年のレースでキタサンブラックに競り勝っていて、この舞台の適正の高さは証明ずみ。昨年は2番手追走という横山典Jの好騎乗も光った1戦のために、後方で折り合い専念になるであろう乗り替りで少し評価を落とした形。

最終結論

 ◎ ④ ステファノス
 ○ ⑭ マカヒキ
 ▲ ⑫ アンビシャス

買い目

 単勝 ◎ 400円
 馬連流し ◎ー○▲ 各200円
 ワイド流し ◎ー○▲ 各600円
 合計 2,000円

では、今回はここまで。
次回『桜花賞』でお会いしましょう。

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...