一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

桜花賞2017_重馬場開催濃厚により浮上する穴馬

calendar

桜花賞2017 予想第1弾

高松宮記念に続いて本命が2着に入るも1着馬が無印で的中ならず。例年よりも本命馬のチョイスは悪くないので、少しだけズレているピントが合ってくることを願って今週も頑張っていこうと思います。

今週の勝負レースはもちろん桜花賞です。ファンディーナが皐月賞へ矛先を向けたことでソウルスターリング1強の雰囲気も漂いますが、予想を進めていこうと思います。

[ここまでのG1戦線本命馬の成績]
フェブラリーS:◎ケイティブレイブ 6着(11番人気)
高松宮記念:◎レッツゴードンキ 2着(2番人気)
大阪杯:◎ステファノス 2着(7番人気)

馬場から見る本命候補

桜花賞2017の特別登録馬

まずは、特別登録馬をみていきます。

【優先出走馬】
・カラクレナイ(フィリーズレビュー勝ち)
・ゴールドケープ(フィリーズレビュー3着)
・ソウルスターリング (チューリップ賞勝ち)
・ディアドラ(アネモネS2着)
・ミスパンテール(チューリップ賞2着)
・ライジングリーズン(アネモネS勝ち)
・リスグラシュー(チューリップ賞3着)
・レーヌミノル (フィリーズレビュー2着)
【賞金上位順】
・ジューヌエコール(デイリー杯2歳S勝ち)
・アドマイヤミヤビ(クイーンC勝ち)
・ヴゼットジョリー(新潟2歳S勝ち)
・ミスエルテ(ファンタジーS勝ち)
・アエロリット(フェアリーS2着、クイーンC2着)
—————————-
・アロンザモナ
・サロニカ
・ショーウェイ
・カリビアンゴールド
・カワキタエンカ
【現在除外対象】
・スズカゼ
・ハローユニコーン
・ベルカプリ
・フェルトベルク
※フルゲート:18頭

⇒今のところ本賞金900万円組は除外対象となっています。今年の4歳世代は完全に牝馬優勢で進んできたため、例年よりも2歳の牡馬混合重賞で賞金を稼いだ馬が多くいるためボーダーが上がるかと思いましたが例年と差のないボーダーとなりました。

阪神競馬場のこれまでの走破タイム

続いて、芝レースの特別戦での昨年とのタイム比較をしていこうと思います。※大阪杯の検討時の再録に先週の結果を加えたものです

【第1回阪神1週目】
丹波特別:1.34.9 ⇒ 1.35.0(+0.1)
アーリントンカップ:1.34.1 ⇒ 1.34.1(±0)
すみれステークス:2.13.2 ⇒ 2.14.1(+0.9)
阪急杯:1.19.9 ⇒ 1.21.4(+1.5)

【第1回阪神2週目】
千里山特別:1.59.3 ⇒ 2.01.6(+2.3)
チューリップ賞:1.32.8 ⇒ 1.33.2(+0.4)
武庫川ステークス:1.35.2 ⇒ 1.33.1(△2.1
大阪城ステークス:1.45.2 ⇒ 1.47.1(+1.9)

【第1回阪神3週目】
ゆきやなぎ賞:2.28.8 ⇒ 2.28.4(△0.4
淡路特別:2.25.7 ⇒ 2.26.4(+0.7)
フィリーズレビュー:1.22.1 ⇒ 1.21.0(△1.1

【第1回阪神4週目】
須磨特別:1.48.4 ⇒ 1.46.9(△1.5
若葉S:2.02.2 ⇒ 2.00.3(△1.9
山陽特別:1.21.4 ⇒ 1.20.5(△0.9
但馬ステークス:2.02.4 ⇒ 1.59.7(△2.7
阪神大賞典:3.05.8 ⇒ 3.02.6(△3.2

【第2回阪神1週目】
君子蘭賞:1.47.6 ⇒ 1.48.9(+1.3)
毎日杯:1.47.3 ⇒ 1.46.5(△0.8
四国新聞杯:2.00.5 ⇒ 2.00.9(+0.4)
淀屋橋ステークス:1.08.4 ⇒ 1.08.6(+0.2)
六甲ステークス:1.33.1 ⇒ 1.34.2(+1.1)

【第2回阪神2週目】
アザレア賞:2.25.9 ⇒ 2.30.0(+4.1)
仲春特別:1.20.7 ⇒ 1.22.1(+1.4)
マーガレットS:1.21.3 ⇒ 1.22.3(+1.0)
大阪杯:1.59.3 ⇒ 1.58.9(△0.4
※上記数字は、2016年タイム⇒2017年タイム(前年比)

⇒第1回4週目で前年比のタイムが急激に良くなっていますが、週中の天候がずっと良好だったことが大きな原因のようです。好天が続くようであれば大阪杯同様に時計勝負に対応できる馬をチョイスすれば良かったのですが、今週は今のところ明日以降日曜日まで雨予報となっています。。。先週の予想で阪神競馬場にも手応えを感じていたのにうまくいかないもんですね。

桜花賞が良馬場以外で行われるのはキョウエイマーチが勝った1997年以来20年ぶりのこと。ソウルスターリング断然と言われていますが、20年ぶりとなる重馬場開催がどうのような影響を及ぼすのか注目です。

各馬の重馬場での成績

キャリアが浅い3歳戦ですので、重馬場での出走経験がない馬も多いのですが、出走経験のある馬について成績をまとめてみます。※稍重よりも悪い馬場での結果をまとめています

・アエロリット:出走経験なし
・アドマイヤミヤビ:未勝利戦 1着
・アロンザモナ:紅梅S 1着
・ヴゼットジョリー:出走経験なし
・カラクレナイ:出走経験なし
・カリビアンゴールド:出走経験なし
・カワキタエンカ:新馬 1着/千両賞 3着
・ゴールドケープ:新馬 8着/未勝利 3着/白菊賞 1着
・サロニカ:出走経験なし
・ショーウェイ:ききょうS 8着
・ジューヌエコール:新馬1着/ききょうS 1着
・スズカゼ:出走経験なし
・ソウルスターリング:出走経験なし
・ディアドラ:白菊賞 2着/こぶし賞 3着
・ハローユニコーン:出走経験なし
・フェルトベルク:出走経験なし
・ベルカプリ:未勝利 2着/白菊賞 7着/500万下 3着
・ミスエルテ:新馬 1着
・ミスパンテール:出走経験なし
・ライジングリーズン:新馬 1着
・リスグラシュー:出走経験なし
・レーヌミノル:出走経験なし

⇒重馬場で勝っている馬も結構いますが、OP勝ちが光るアロンザモナとジューヌエコールが抜けた存在という見方もできるかと。特に2戦2勝のジューヌエコールについては能力を認めている1頭で、良馬場開催だったとしても重い印を用意していました。それが、馬場も味方するというのですから、本命級の評価をしなければならないでしょう。

まとめ

20年ぶりの重馬場での開催が濃厚な今年の桜花賞。断然1番人気は重馬場でのレース経験がなく、血統面から問題ないと判断されている状況。これだけ見ても大波乱の可能性があるのではと勘ぐってしまうのが穴党のサガでしょうか。
ソウルスターリングの評価は今後していくとして、今のところはジューヌエコールに重い印を打とうかと考えています。

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...