一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

NHKマイルC2017_現在の高速馬場に対応できる馬

calendar

NHKマイルC2017 予想第1弾

天皇賞(春)は○→◎の決着となり連敗脱出しました。ただ、この印での決着でちょい勝ちなのは買い方を反省しなければなりません。。。何はともあれ連敗が止まりましたので今週は、このブログ史上1度も達成していない連勝を目指して頑張っていこうと思います。そんな今週の勝負レースですが、もちろん連続東京G1開催の開幕戦となる『NHKマイルC』です。

NHKマイルC2017 特別登録馬

まずは、特別登録馬を眺めてみます。

【優先出走馬】
・ジョーストリクトリ(NZT 1着)
・ボンセルヴィーソ(NZT 3着)
【賞金上位馬】
・モンドキャンノ(京王杯2歳S 1着、朝日杯FS 2着)
・リエノテソーロ(全日本2歳優駿 1着)
・カラクレナイ(フィリーズレビュー 1着)
・キョウヘイ(シンザン記念 1着)
・タイムトリップ(カンナS 1着、クロッカスS 1着)
・トラスト(札幌2歳S 1着)
・アウトライアーズ(スプリングS 2着)
・レッドアンシェル(アーリントンC 2着)
・オールザゴー(マーガレット 1着)
・ディバインコード(橘S 1着)
・ミスエルテ(ファンタジーS 1着)
・アエロリット(フェアリーS2着、クイーンC 2着)
・ブラックオニキス(クローバー賞 1着、札幌2歳S 2着)
・ナイトバナレット(ジュニアC 1着)
・プラチナヴォイス(萩S 1着)
【抽選対象馬(現在のところ 1/3)】
・エトルディーニュ
・ガンサリュート
・タイセイスターリー
【除外対象馬】
・シーズララバイ
・ダイイチターミナル
・スズカメジャー
・ニシノアップルパイ
・メイショウオワラ
 ※フルゲート18頭

⇒朝日杯2歳Sで2着でルメールJが騎乗予定のモンドキャンノか桜花賞4着でデムーロ騎乗のカラクレナイが1番人気でしょうか。人気もですが、混戦必死のメンバー構成で、予想のし甲斐がありそうです。

現在の東京競馬場の馬場状態について

続いて、今の東京競馬場の馬場状態について見ていきたいと思いますが、青葉賞のレコード決着を見る限り高速馬場であることは間違いないでしょう。

青葉賞のタイム比較

2017年 2:23.6(35.5-35.2)アドミラブル
2016年 2:24.2(35.9-35.8)ヴァンキッシュラン
2015年 2:26.9(36.2-34.3)レーヴミストラル
2014年 2:26.5(35.8-34.8)ショウナンラグーン
2013年 2:26.2(36.6-34.7)ヒラボクディープ
2012年 2:25.7(35.1-34.9)フェノーメノ
2011年 2:28.8(37.4-34.4)ウインバリアシオン
2010年 2:24.3(35.1-34.5)ペルーサ
2009年 2:26.2(35.5-35.0)アプレザンレーヴ
2008年 2:26.9(36.2-34.8)アドマイヤコマンド
2007年 2:26.3(34.9-35.5)ヒラボクロイヤル
2006年 2:25.3(35.7-35.3)アドマイヤメイン
2005年 2:26.9(36.2-34.7)ダンツキッチョウ
2004年 2:24.1(35.0-34.1)ハイアーゲーム
2003年 2:26.3(35.9-34.5)ゼンノロブロイ
2002年 2:26.4(36.5-34.6)シンボリクリスエス

⇒昨年もなかなかの好タイムだと思っていましたが、今年は更に上をいくレコード決着。前が飛ばしたという訳ではありませんので、かなり馬場状態は良好と見て間違いないでしょう。

NHKマイルCのタイム予想

近年のNHKマイルCのタイムを見つつ、今年のタイムを予想してみます。

2016年 1:32.8(34.3-35.1)メジャーエンブレム
2015年 1:33.5(35.3-34.2)クラリティスカイ
2014年 1:33.2(34.6-34.8)ミッキーアイル
2013年 1:32.7(34.4-34.9)マイネルホウオウ
2012年 1:34.5(35.1-34.6)カレンブラックヒル
2011年 1:32.2(33.9-34.6)グランプリボス
2010年 1:31.4(33.4-35.1)ダノンシャンティ
2009年 1:32.4(34.3-35.2)ジョーカプチーノ

⇒例年程度に前半34秒台前半で流れるようであれば、1分32秒台前半くらいのタイムが出てもおかしくないと見ています。となると、時計勝負に対応できるかどうかがまずは重要なポイントとなりまそうです。
ただ、今回は典型的な逃げ馬が不在で、恐らくボンセルヴィーソが逃げることになりそうです。ファルコンSでは前半34.0のペースを3番追走しているので、34秒台中盤くらいには流れてくれるのではないかと想定していますが、ペースと展開についてはもう少し精査が必要となりそうです。

特別登録馬の持ちタイム

まだキャリアの浅い3歳ですので絶対的な数字とは言えませんが、マイル戦での持ちタイムの比較を行ってみたいと思います。(※は1400m戦での持ちタイム)

1.33.3 アエロリット(クイーンC 2着)※1.22.8

1.34.6 ボンセルヴィーソ(デイリー杯2歳S 2着)※1.21.1
1.34.6 レッドアンシェル(アーリントンC 2着)※1.22.0
1.34.6 ナイトバナレット(2歳未勝利 3着)
1.34.7 カラクレナイ(桜花賞 4着)※1.21.0
1.34.7 ディバインコード(ジュニアC 2着)※1.21.2
1.34.7 タイムトリップ(ジュニアC 3着)※1.22.2
1.34.8 アウトライアーズ(ひいらぎ賞 1着)
1.34.9 リエノテソーロ(アネモネS 4着)

1.35.2 ジョーストリクトリ(アーリントンC 5着)※1.21.5
1.35.2 エトルディーニュ(ひいらぎ賞 4着)
1.35.4 ミスエルテ(桜花賞 11着)
1.35.5 モンドキャンノ(朝日杯FS 2着)※1.21.9
1.35.5 キョウヘイ(アーリントンC 7着)※1.22.4
1.35.5 タイセイスターリー(デイリー杯2歳S 8着)
1.35.6 ブラックオニキス(フェアリーS 11着)
1.35.8 オールザゴー(白梅賞 1着)※1.22.3

1.36.1 トラスト(朝日杯FS 5着)
マイル未出走 プラチナヴォイス ※未勝利戦1800mでレコード勝ち
マイル未出走 ガンサリュート

アエロリットがダントツの持ちタイムを誇っています。同じ舞台での記録ですし、これだけでかなりのアドバンテージに感じます。一方で人気馬でも持ちタイムがない馬も多く、1分35秒以上しかない馬は2秒ほどのタイムを縮めなくてはならないため結構厳しいのではないでしょうか。

まとめ

今年のNHKマイルCは時計勝負となる可能性が高く、持ち時計が優れている馬の方が好走の可能性が高いかと思います。持ちタイムとそれを記録した際に成績を考慮すると、以下の馬が現時点での有力候補となります。

・アエロリット
・ボンセルヴィーソ
・レッドアンシェル
・ナイトバナレット
・カラクレナイ

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...