一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

NHKマイルC2017_勝負馬券 ◎ボンセルヴィーソ

calendar

NHKマイルC2017 最終結論

さあ、初の連勝を目指して最終予想を進めていきます。
今回のレースは時計勝負への対応が重要ではないかと考えて2度の検討を行いました。

予想第1弾:時計勝負に対応できる馬
予想第2弾:各レースの走破タイム比較から浮上する馬

NHKマイルC2017枠順

まずは、枠順について見ていきます。

1⃣ ① モンドキャンノ(ルメール)
1⃣ ② キョウヘイ(高倉)
2⃣ ③ アウトライアーズ(田辺)
2⃣ ④ カラクレナイ(デムーロ)
3⃣ ⑤ プラチナヴォイス(石川)
3⃣ ⑥ ボンセルヴィーソ(松山)
4⃣ ⑦ ジョーストリクトリ(武豊)
4⃣ ⑧ タイムトリップ(戸崎圭)
5⃣ ⑨ タイセイスターリー(北村宏)
5⃣ ⑩ ディバインコード(柴田善)
6⃣ ⑪ オールザゴー(内田博)
6⃣ ⑫ ミスエルテ(川田)
7⃣ ⑬ トラスト(柴田大)
7⃣ ⑭ リエノテソーロ(吉田隼)
7⃣ ⑮ レッドアンシェル(福永)
8⃣ ⑯ アエロリット(横山典)
8⃣ ⑰ ナイトバナレット(藤岡佑)
8⃣ ⑱ ガンサリュート(池添)

⇒ほとんど枠順による有利不利がないコース形態ですのでそこまで気にする必要はないかと思いますが、アエロリットは少し外枠になってしまったという印象です。希望通りの内枠の偶数枠を引き当てたボンセルヴィーソは自分の形に持ち込むことができそうで、枠的にはアドバンテージを得た印象となります。

過去10年のNHKマイルCの枠順別成績

  1⃣ 0.0% 10.0% 20.0%
  2⃣ 10.0% 10.0% 15.0%
  3⃣ 5.0% 15.0% 15.0%
  4⃣ 10.0% 10.0% 10.0%
  5⃣ 10.0% 20.0% 25.0%
  6⃣ 0.0% 0.0% 15.0%
  7⃣ 10.0% 13.3% 16.7%
  8⃣ 0.0% 10.0% 16.7%

土曜日の傾向

土曜の走破タイムに注目していましたが、中盤がかなり流れていたという展開面の要素もありましたが、プリンシバルSの走破タイムを見る限り高速馬場継続とみてよさそうです。

[プリンシバルSの過去10年結果比較]
2017年 1:58.3(35.4-36.1)ダイワキャグニー
2016年 1:59.2(35.3-35.4)アジュールローズ
2015年 2:00.2(35.0-35.0)アンビシャス
2014年 2:01.0(35.7-34.2)ベルキャニオン
2013年 2:01.4(37.8-34.1)サムソンズプライド
2012年 2:00.9(35.6-34.9)スピルバーグ
2011年 2:01.0(35.4-34.6)トーセンレーヴ
2010年 1:59.1(35.8-34.1)ルーラーシップ
2009年 1:59.9(36.1-35.4)ケイアイライジン
2008年 2:01.5(35.4-36.5)ベンチャーナイン

予想のポイント

今回のレースは高速馬場での開催で典型的な逃げ馬が不在のレースというのがポイントかと。当初は持ち時計が断トツのアエロリットを本命と考えていましたが、外枠に入ったことと、本命を打ちにくい鞍上のことを考えて対抗までとしました。そこで、絶好枠を引き当てて自分のレースができそうなボンセルヴィーソを本命に推したいと思います。今回のテーマである時計勝負にも対応できますし、もともとG1での好走実績もあり、どんな条件でも崩れない強さも秘めていますので、今回のような大混戦のレースでこそ実力を発揮する可能性が高いと判断します。

以下には時計勝負に対応できるポテンシャルを秘めている馬をピックアップしました。今回は大混戦ということもあっていつもより手広く印を打っています。

最終結論

 ◎ ⑥ ボンセルヴィーソ
 ○ ⑯ アエロリット
 ▲ ⑤ プラチナヴォイス
 △ ⑮ レッドアンシェル
 ★ ④ カラクレナイ
 ☆ ⑧ タイムトリップ

買い目

 単勝 ◎ 500円
 ワイド ◎-○ 1,000円
 3連複1頭軸 ◎-○▲△★☆ 各100円
 合計 2,500円

では、今回はここまで。
次回『ヴィクトリアマイル』でお会いしましょう。

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...