一鞍入魂! サラリーマン競馬戦記

オークス2017_過去の傾向から浮かび上がる穴馬

calendar

オークス2017 予想第1弾

先週の結果

先週は馬場読みがまったくできていなかったためにかすりもしませんでした。。。内枠有利になって欲しいという自分の願望を押し付けた予想となってしまい、大いに反省しなければなりません。初の3連勝チャンスだったんですが、残念です。また、連勝できるように頑張っていこうと思います。

ヴィクトリアマイル2017
◎ ⑧ クイーンズリング 6着(5番人気)
○ ④ ソルヴェイグ 5着(9番人気)
▲ ⑪ ミッキークイーン 7着(1番人気)
△ ② スマートレイアー 4着(4番人気)
★ ③ ジュールポレール 3着(7番人気)

オークスの傾向と対策

今週の勝負レースは牝馬クラシック第2弾のオークスとなります。桜花賞から一気に2ハロン延長という条件で毎年悩まされるレースですが、傾向を探りながら対策を練りたいと思います。

枠順について

まずは、枠順が発表されていますので、そちらを確認してみます。

 1⃣① モズカッチャン(和田)
 1⃣② ソウルスターリング(ルメール)
 2⃣③ フローレスマジック(戸崎)
 2⃣④ ミスパンテール(四位)
 3⃣⑤ モーヴサファイア(北村友)
 3⃣⑥ ハローユニコーン(田辺)
 4⃣⑦ ディアドラ(岩田)
 4⃣⑧ ホウオウパフューム(松岡)
 5⃣⑨ ディーパワンサ(内田博)
 5⃣⑩ ブラックスビーチ(北村宏)
 6⃣⑪ レッドコルディス(吉田豊)
 6⃣⑫ ブラックオニキス(大野)
 7⃣⑬ レーヌミノル(池添)
 7⃣⑭ リスグラシュー(武豊)
 7⃣⑮ ヤマカツグレース(横山典)
 8⃣⑯ アドマイヤミヤビ(デムーロ)
 8⃣⑰ カリビアンゴールド(田中勝)
 8⃣⑱ マナローラ(蛯名)

⇒枠順による大きな偏りはありませんので、脚質にあった枠順かどうかが重要かと思います。2冠を目指すレーヌミノルは少し外目になりました。逆に逆襲を目指す2歳王者のソウルスターリングは1枠2番と絶好枠となりました。先行勢としてはソウルスターリング>レーヌミノルの図式で問題ないかと思います。

【参考】オークスの過去10年の枠順別成績

 1⃣ 勝率:5.0%/複勝率:10.0%
 2⃣ 勝率:15.8%/複勝率:26.3%
 3⃣ 勝率:0.0%/複勝率:15.0%
 4⃣ 勝率:5.0%/複勝率:10.0%
 5⃣ 勝率:10.0%/複勝率:25.0%
 6⃣ 勝率:0.0%/複勝率:10.0%
 7⃣ 勝率:6.7%/複勝率:23.3%
 8⃣ 勝率:6.9%/複勝率:13.8%

脚質について

続いて、脚質について見ていこうと思いますが、こちらは枠順と違って大きな傾向があります。なんでこんなに傾向がはっきりしているのに、毎年毎年ハズレ続けているのかってレベルですよ。。。

オークスの過去10年の脚質別成績

 逃げ 勝率:0.0%/複勝率:10.0%
 先行 勝率:0.0%/複勝率:5.6%
 差し 勝率:9.6%/複勝率:26.5%
 追込 勝率:6.1%/複勝率:10.2%

⇒逃げ・先行勢は大苦戦で、差し・追い込みが断然の結果となっています。これだけ傾向がはっきりしているのであれば、その傾向通りの馬を探すだけです!

上がり3ハロンの順位について

差し・追い込み馬が有利ということは分かりましたが、ということは上がり3ハロンが優秀な馬が有利と考えてもよいということですよね。念のため、過去10年の馬券圏内の馬の上がり3ハロンの順位を見てみます。

【参考】オークスの過去10年の脚質別成績

 2016年:1位/1位/7位
 2015年:1位/5位/4位
 2014年:3位/1位/4位
 2013年:1位/1位/3位
 2012年:1位/3位/6位
 2011年:4位/10位/1位
 2010年:1位/2位/7位
 2009年:1位/2位/3位
 2008年:3位/5位/1位
 2007年:2位/4位/1位
 ※左から1着馬の順位/2着馬の順位/3着馬の順位

⇒過去10年で上がり3ハロンの順位が6位以下の馬なのは僅か4頭という結果です。もうこれは、上がり3ハロンのタイムが優秀な馬を狙って馬連、3連複を買えばだいたい当たるってことですよ。

上がり3ハロン最速候補馬について

では、どの馬が上がり最速を記録する可能性が高いかという話ですが、単純に考えると阪神JFで2位に0.3秒差をつけたリスグラシューとなるでしょう。

【参考】リスグラシューのここまでの上がり3ハロン順位

 2歳新馬:1位
 2歳未勝利:1位
 アルテミスS:2位
 阪神JF:1位
 チューリップ賞:3位
 桜花賞:3位

⇒新馬戦は2着となってしまいましたが、その後は王道ローテを歩みながら結果を残してきました。上がり3ハロンも全て3位以内と安定しています。ハーツクライ産駒ということで距離の不安も少ないことで、今回も上がり3ハロンの順位は上位が確実視されていますが、、、桜花賞があまりにもメイチの仕上げだったことから少し不安があるというのが個人的見解です。

ということで個人的にはリスグラシューを疑っていますので、他の候補馬を探さなければいけませんが、やはりヒントはリスグラシューの成績にあるのではないでしょうか。リスグラシューが上がり最速を記録できなかったレースで、リスグラシューよりも良い脚を使った馬に注目してみました。

■アルテミスS2016
1着:リスグラシュー(33.5/上がり2位)
2着:フローレスマジック(33.3/上がり1位)
3着:シグルーン(上がり11位)

■チューリップ賞2017
1着:ソウルスターリング(33.8/上がり2位)
2着:ミスパンテール(33.7/上がり1位)
3着:リスグラシュー(33.9/上がり3位)

■桜花賞2017
1着:レーヌミノル(35.4/上がり4位)
2着:リスグラシュー(35.3/上がり3位)
3着:ソウルスターリング(35.4/上がり4位)
4着:カラクレナイ(35.0/上がり2位)
5着:アエロリット(35.0/上がり2位)
6着:ディアドラ(34.9/上がり1位)

⇒今回の出走馬の中で該当するのはフローレスマジック、ミスパンテール、ソウルスターリング、ディアドラの4頭となります。これらの馬には人気問わずに注意が必要でしょう。

まとめ

過去に上がり3ハロンのタイムで優秀な成績を収めたのに人気がなさそうなミスパンテール、ディアドラを今回の穴馬候補とします。王道路線に関してはこれで確認できたかと思いますので、別路線で良い脚を使う馬がいないかどうかをチェックして最終的な予想をしようかと思います。

応援クリックお願いします!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理人

ぽんなり

ぽんなり

競馬歴18年/一番好きな馬はリージェントブラフ/一番好きな騎手は角田晃一騎手(現調教師)/目標は回収率75%以上(負けは控除率分までに留めたい)
[詳細]

folder 競馬場参戦

中山参戦準備
more...